日本人は、普段は日本語の本、新聞、文章などを読みます。

社会人にも必要な教育があります

長文の英語が苦手の場合の教育的な対策

社会人にも必要な教育があります 日本人は、普段は日本語の本、新聞、文章などを読みます。英語が読めない人が、英語の新聞などを読むことはまずないでしょう。しかし、中学や高校、それ以外の教育として英語が行われます。その時は英語の教書の文章を読み、テストでも英語の文章を読む必要があります。英語が苦手に感じている人は、英語の長文も苦手といえます。

長文は、まず見た目に圧倒されます。苦手意識を持っている人が、いきなり大量の英語を見ると、理解できっこないと考えてしまいます。テストでその状態になると、どれだけ簡単でも解けません。まずは日頃から英語に触れるようにします。長い文章ではなく、短文から始めるようにします。問題集によっては、短文から少しずつ長い文章に慣れられるものがあります。

英語の基本は、文法と単語、熟語です。単語の意味などが分かれば、おのずと読めてきます。英文を読む訓練の他に、単語や熟語も覚えるようにします。毎日少しずつ積み重ねれば、苦手意識も消えていきます。

Copyright (C)2018社会人にも必要な教育があります.All rights reserved.